Event is FINISHED

【科学と芸術の丘ワークショップ】戸定が丘歴史公園で植物や昆虫を観察するアウトドアワークショップ★科学と芸術の丘 探検隊

Description

科学と芸術の丘の会場となる戸定が丘歴史公園を探検しながら、植物や昆虫を観察するアウトドアワークショップです。一緒に探検するのは、昆虫の研究をしている千葉大学園芸学部 応用昆虫学研究室。会場にいるさまざまな生き物をじっくり観察してみましょう。



アウトドアワークショップ​ 科学と芸術の丘 探検隊
11月16日(土)11:00-12:00
11月16日(土)14:00-15:00
11月17日(日)11:00-12:00
11月17日(日)14:00-15:00
集合場所:戸定が丘歴史公園・丘のマルシェ受付ブース
参加費:無料(但し戸定邸の入館料は必要になります)
対象:小学生以上(小学生以下の方は、親御さんと一緒にご参加ください)
持ち物:外で活動できる服装でお越しください

※先行予約は定員に達し次第、終了させていただきます。
※当日撮影した写真・映像はWeb上で公開させて頂く場合がございます。
※開始10分前を目処にお集まりください。
※開始時間を過ぎた場合、当日参加の方を優先してご案内することがあります。
※荒天の場合、中止することがあります。


千葉大学園芸学部 応用昆虫学研究室

園芸学部に設立以来、一貫して昆虫やダニ類の基礎的な研究とその応用に関する研究を行っています。害虫や天敵類の生活史や行動、植物と昆虫、捕食者と被食者等の様々な関係、そして害虫や天敵の分子系統解析と、共生微生物に関する基礎研究、そして殺虫剤などの農薬だけに頼るのではなく天敵類や光などを用いた環境に優しい害虫防除を実践する応用研究の2つの柱を軸に様々な研究を行っています。近年は基礎研究だけに携わることが多い昆虫学研究室が多い中、「現場重視」で害虫防除に携わる研究室としての地位を確立しています。



戸定邸と戸定邸庭園 (国指定重要文化財および国指定名勝)
いつの時代も、時代の先駆者たちは既存の分野の枠を超えた新しい試みにより、未来を切り開いてきました。メイン会場である戸定邸は、水戸藩最後の藩主であった徳川昭武により建てられ、当時最先端の庭園に囲まれていました。昭武自身も海外で教育を受け、常に新しい文化や技術を取り入れるグローバルな先駆者の一人でした。その歴史ある革新の場で、特別展覧会、トーク、ワークショップを開催し、全館を巡りながら作品をご体験いただくことができます。




科学と芸術の丘 2019
Matsudo International Science Art Festival

◎開催日時
2019年11月16日(土)10:00 ~ 17:00
2019年11月17日(日)10:00 ~ 16:00
※丘のマルシェは両日16:00までとなります
※一部展示・トークによって時間が異なります
※17日(日)イベントは16:00で終了しますが、会場となる戸定邸は17:00まで開館ています

◎無料イベント
(戸定邸のみ入館料一般250円、高校大学生100円)

◎会場
戸定邸、戸定が丘歴史公園、松雲亭

◎お問い合わせ
松戸市文化観光国際課
047-366-7327

◎Webサイト
http://science-art-matsudo.net/

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#490771 2019-11-04 08:42:57
More updates
Nov 16 - Nov 17, 2019
[ Sat ] - [ Sun ]
11:00 AM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
11月16日11:00-12:00 FULL
11月16日14:00-15:00 FULL
11月17日11:00-12:00 FULL
11月17日14:00-15:00 FULL
Venue Address
松戸市松戸714−1 Japan
Organizer
科学と芸術の丘
137 Followers
Attendees
60